fertility treatment不妊治療

ERA・EMMA・ALICE~子宮内膜着床能の360度解析~

子宮内膜着床能(ERA)検査
Endometrial Receptivity Analysis

子宮の内膜は、一定サイクルで胚を受け入れるための準備をおこないます。その中で胚にとって最も着床しやすい環境が整う期間のこと「着床の窓」と呼びます。
ERA検査ではご自身の「着床の窓」を調べることにより、着床率が最も高まる胚移植のタイミングを知ることができます。ERA検査によって20~30%近くの方が、超音波検査や採血検査ではわからなかった着床時期のずれがある事がわかってきました。
検査結果で推奨された時期に従い、黄体ホルモンの開始日をずらすことにより最適な時期での胚移植を行います。

着床時期が早すぎる
受容期前
Pre-Receptive

プロゲステロン投与開始から
胚移植までの時間を長くします

着床時期が通常
受容期
Receptive

通常通りのスケジュールで
着床可能

着床時期が遅すぎる
受容期後
Post-Receptive

プロゲステロン投与開始から
胚移植までの時間を短くします

子宮内膜マイクロバイオーム(EMMA)検査
Endometrial Microbiome Metagenomic Analysis

健康な子宮内膜には乳酸桿菌が豊富に存在し、乳酸桿菌の割合が高いと着床・妊娠率が上昇すると言われています。EMMA検査では子宮内膜の細菌叢を調べ、乳酸桿菌がどの程度存在するかを知ることができます。

感染性慢性子宮内膜炎(ALICE)検査
Analysis of Infectious Chronic Endometritis

慢性子宮内膜炎は不妊の原因の1つであり、不妊症患者の約30%が罹患しているとされています。なかでも反復着床不全や反復流産の方での罹患率は66%に上ります。
ALICE検査では慢性子宮内膜炎の原因菌を検出することで、適切な抗生剤と治療法を提案することができます。

1回の検体採取でERA・EMMA・ALICEすべての検査が可能です。

検査の流れ

  1. 胚盤胞移植をおこなう場合と同じ方法で、ホルモン剤を用いて子宮内膜を厚くしていきます。
  2. 黄体ホルモン剤投与開始から5日目に子宮内膜組織を採取します。
    痛みは軽微の為、麻酔の使用については担当医師とご相談ください。
  3. 採取した子宮内膜組織を検査会社に送り結果を待ちます。(約1ヵ月)
    ERA検査実施施設:アイジェノミクス・ジャパン

検査の留意点

  • 検査結果によっては再検査の場合があります
  • 検査周期では検査のみを行うため、移植はできません
  • ERA検査で約14万円、TRIO検査(ERA・EMMA・ALICE)は約18万円かかります

代表電話

075-571-0226

初診の方はお電話でお問い合わせください。

電話受付時間

月・水・金9:00~20:30

火・木・土9:00~17:00

日・祝9:30~12:30

培養室【直通】

075-571-3075

電話受付時間

平日8:30~17:00

日・祝8:30~16:00

代表番号(571-0226)から培養室・検査室への取次は
原則できなくなりますので必ず上記番号へおかけください。

ご予約はこちら