fertility treatment不妊治療

体外受精の保険適用費用のご案内

印刷はこちら

2022年4月より体外受精が保険適用となりました。
お薬は院外処方となります。別途、調剤薬局にて薬代がかかりますのでご注意下さい。
また、保険適応の項目や料金は変更される場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※43歳以上のIVFの方は自費診療となります。
※保険適用には回数制限がございます。

1)生殖補助医療管理料

生殖補助医療管理料 基本料金 900円
(体外受精周期毎)

2)採卵基本料

採卵個数ごとに加算あり

基本料 9,600円
1個 7,200円
(合計16,800円)
2~5個 10,800円
(合計20,400円)
6~9個 16,500円
(合計26,100円)
10個以上 21,600円
(合計31,200円)

3)受精費用

通常法(conv.) 個数に関らず 12,600円
顕微授精(ICSI) 1個 14,400円
2~5個 20,400円
6~9個 30,000円
10個以上 38,400円
  • 両方行う場合は、顕微授精代+通常法の半額(6,300円)
  • TESE精子使用の場合は初回採卵周期のみ15,000円加算

4)受精卵培養費用

1個 13,500円
2~5個 18,000円
6~9個 25,200円
10個以上 31,500円

5)胚盤胞培養加算

1個 4,500円
2~5個 6,000円
6~9個 7,500円
10個以上 9,000円

6)胚移植費用

新鮮胚移植 25,500円
融解胚移植 36,000円
  • 透明帯開口術(AHA) 3,000円
  • ヒアルロン酸添加培養液 3,000円

7)胚凍結保存(2年間)

1個 15,000円
2~5個 21,000円
6~9個 30,600円
10個以上 39,000円

【例1】
刺激周期
(採卵10個、通常法+顕微授精、新鮮胚移植、余剰胚2個凍結)

内容 生殖補助医療管理料 900円
採卵10個〈未熟卵子含む〉 31,200円
通常法5個 6,300円
顕微授精5個 20,400円
受精卵培養費7個〈受精した個数毎〉 25,200円
胚盤胞培養加算7個 7,500円
胚移植 25,500円
AHA〈透明帯開口術〉 3,000円
余剰胚凍結2個 21,000円
薬剤、ホルモン検査、超音波 約50,000円
合計 191,000円

【例2】
刺激周期
(採卵10個、顕微授精、全胚凍結、3個凍結)

内容 生殖補助医療管理料 900円
採卵10個〈未熟卵子含む〉 31,200円
顕微授精10個 38,400円
受精卵培養費8個〈受精した個数毎〉 25,200円
胚盤胞培養加算8個 7,500円
胚凍結3個 21,000円
薬剤、ホルモン検査、超音波 約50,000円
合計 174,200円

融解胚移植を行う際には、36,000円(+AHA3,000円)が別途発生します

  • 保険適用の回数カウントは移植まで行った場合であり、採卵の回数ではありません。
  • 高額療養費限度額制度を使用した場合、還付を受けられる場合があります。

代表電話

075-571-0226

初診の方はお電話でお問い合わせください。

電話受付時間

月・水・金9:00~20:30

火・木・土9:00~17:00

日・祝9:30~12:30

培養室【直通】

075-571-3075
  • 凍結胚の保管期限、延長手続き
  • 事前処理結果のお問い合わせ

電話受付時間

平日8:30~17:00

日・祝8:30~16:00

代表番号(571-0226)から培養室・検査室への取次は
原則できなくなりますので必ず上記番号へおかけください。

ご予約はこちら