fertility treatment不妊治療

体外受精料金のご案内

高度生殖補助医療(体外受精・顕微授精など)に関連する治療には健康保険が適応されないため、患者様ご自身に負担していただく金額がどうしても高くなり、料金の問題で体外受精へのステップアップをためらっておられる方も少なくないと存じます。
皆様の経済的負担を軽減すべく、“最高レベルの治療を最低レベルの料金で”を目標に掲げ、これからも努力してまいります。

A)採卵費

基本料金 50,000円 初回
2回目は40,000円、3回目以降は30,000円と減額になります。(*1)(*2)
卵子採取数 10,000~80,000円 成熟卵子1個につき10,000円を基本料金に加算します。
成熟卵子8個以上は一定額となります。

※卵子が取れない(未熟卵も含む)場合、(E)の中止の料金10,000円となります。
(*1) 他院にて体外受精経験のある方は、基本料金が2回目からの料金となります。
(*2) 基本料金の減額は前回に移植あるいは全胚凍結をされた方に限ります(中止の場合は含みません)。

B)受精費

体外受精法(通常法) 20,000円 個数による変動がなく一定額です。
顕微授精法 10,000~80,000円 顕微授精の可能な成熟卵子1個につき10,000円を加算します。
成熟卵子8個以上は一定額となります。

※卵子の受精の判断が出来ない場合、(E)の中止の料金25,000円となります。

C)培養、移植費

培養費 10,000~20,000円 採卵後4日目の桑実胚、採卵後5日目(6日目)の胚盤胞期胚までの培養
胚移植費用 80,000円 採卵後3日目(*3)の分割期胚移植の場合は、移植費用のみ。
桑実胚もしくは胚盤胞移植の場合は、培養費と移植費用を合算します。
透明帯開口術費用はこちらに含まれています。
2段階胚移植 20,000円 採卵後3日目(*3)の分割期胚と採卵後5日目の胚盤胞期胚をそれぞれ移植する場合。上記培養費と移植費用に加算します。

※移植ができなかったり、全胚凍結が出来ない場合、(E)の中止の料金45,000円となります。
(*3) 採卵後3日目の分割期胚は、基本的には8細胞期胚を移植します。

D)胚凍結 ・胚融解

胚凍結基本料金 30,000円
胚凍結容器代 5,000~30,000円 1本5,000円です。6本目以降は一定額です。
胚融解 35,000円 胚融解個数による変動がなく一定額です。

※胚の凍結期間は2年間です。保存期間の延長は希望により可能ですが、別途料金が必要です。
(事前の延長希望がなければ、2年で廃棄扱いとなります。当院からの延長の確認は行いません。)

胚移植の場合、(A)、(B)、(C)の料金を胚移植日にお支払いとなります。
(採卵日には通常以外の投薬による、お薬代などのお支払いが発生する場合があります。)
全胚凍結の場合、(A)、(B)、(C)の培養費用、(D)の胚凍結費用の合算が、胚凍結完了後の来院日にお支払いとなります。
融解胚移植の場合、(C)の胚移植費用と(D)の胚融解費用が、胚融解移植日にお支払いとなります。

E)治療中止の料金

受精操作をせず中止 10,000円 採卵するも卵子を回収できず、もしくは卵子を回収するも受精操作が出来なかった場合。
(未熟卵のため中止も含む)
未受精の中止 25,000円 受精操作をしたが受精しなかった場合。
胚移植 ・胚凍結の中止 45,000円 受精したが、胚発生が順調に進まず胚移植や胚凍結が出来なかった場合。

※治療が途中で止まった時の料金です。治療中止になった場合は、(A)~(D)の費用は発生しません。

F)精子の保存(凍結)の為の処理費

事前処理(顕微授精) 5,000円 初回は受精費に含まれているので、無料です。2回目以降の処理に必要となります。基本的に数回処理をされても1治療で全て使用します。
精子の凍結保存の処理 10,000円 不妊治療に使用する為の処理です。別途保存料金が必要です。
凍結保存 20,000円 全ての処理において凍結保存が可能です。精子の凍結保存期間は2年間となります。

G)泌尿器科による精子回収法の処理費

MESA 70,000円 精巣上体からの回収方法。(F)の凍結保存費が加算されます。
TESE 100,000円 精巣組織からの回収方法。(F)の凍結保存費が加算されます。

※MESA,TESEにて成熟精子が回収できなかった場合は、確認操作費として30,000円が必要です。

ご予約はこちら

0755710226

電話受付時間

月・水・金9:00~20:30

火・木・土9:00~17:00

日・祝9:30~12:30